美容業経営者が知っておくべき経営指標

美容業経営者が知っておくべき経営指標

美容業を経営されているオーナーの皆様、美容室の利益は思うように上がっていますでしょうか。美容室の数はコンビニエンスストアよりも多く競争が激しいビジネスの一つであることは以前のコラムでも紹介したとおりです。そのような競争の激しい業界において、美容室の経営者の方々に相談されることが多く、また悩まれているのは、集客と美容師の採用です。起業または開店した当初は確かに集客や美容師の採用などが重要となります。しかし、意外と売上以外の経営数値については気にしていない経営者が多いというのが実感です。会計の専門家として日々接している身としては、美容室の損益構造がどのようになっているかについては経営者の皆様は少なくとも知っておく必要があると思いますし、経営課題を抽出するために、気にしておくことは重要なことなのです。

財務会計、管理会計、税務会計の違いを理解しましょう

財務会計、管理会計、税務会計の違いを理解しましょう

会計は苦手という経営者の方は多くいます。経営者に限らず、経理などの会計にかかる業務を行ったことがない方や勉強をしたことがない方など、苦手意識を持つ方は多いでしょう。しかし、会計とは会社が会社内外との取引結果を一定のルールに基づいて数値化したものですので、経営者は必ず理解しておくべきものと考えています。 細かなルールは経理担当者や専門家が理解していればいいのですが、経営者は少なくとも数値の読み方くらいは理解しておきたいものです。

飲食店の適正な原価率は

飲食店の適正な原価率は

飲食店の各指標の中で原価率は重要な指標の一つとされています。 メニューの価格設定について原価率を考えないで行ってしまうと、いくら売り上げが上がっても赤字になってしまうということが起こりえます。 利益を上げるためには原価率がすべてではないのは言うまでもありませんが、今回は原価率について考えてみたいと思います。

個人事業主の事業所課税って知っていますか

個人事業主の事業所課税って知っていますか

税金には様々なものがありますが、あまり知られていないものとして事業所課税というものがあります。事務所・事業所・家屋敷課税といわれることもあります。 個人の方が店舗を設けて事業を始めてしばらくした時に、市から納税通知書が送られてきて、“これは何ですか?”って質問されることがよくあります。

複数店舗経営の難しさ

複数店舗経営の難しさ

店舗経営を事業とされている方の中には、数店舗を運営している方から数百店舗をチェーン経営している方まで規模や業態は様々ありますが、複数店舗を運営する難しさに直面した方は多くいます。 特に店舗責任者(店長)を誰に任せるか、複数店舗を経営する上で重要な問題です。 昨今の人手不足の中、スタッフのみならず店長を任せられる人材がいないと悩まれる経営者は多いものです。 そこで複数店舗を経営する...

スポンサーリンク
スポンサーリンク